top of page
  • dental61

− 小幡先生のインプラントカルテ<2024年3月号> -大切な歯を失ってしまう、要注意な3つの原因とは。



歯を失う原因の1位は歯周病ですが、2位は歯の“う蝕”、いわゆる虫歯も大きな原因となっています。虫歯も発見が遅れ、治療が手遅れになってしまうと抜歯せざるを得なくなるため早めの治療、定期的な歯科検診が大切です。歯を失う原因の3位の歯根破折は、虫歯治療により神経を取った歯根が弱くなり折れてしまうことにより多く発生しますので、原因の2位、3位とも虫歯による歯の喪失と言えます。失ってしまった歯を補うには入れ歯などの方法もありますが、当院がお勧めするインプラント治療は、健康な歯にかかる負担が少なく、自分の歯のような見た目と噛む力を取り戻せることが他にはない魅力です。治療にあたっては歯科医師の専門知識や高い技量などが必要となりますが、当院ではカウンセリングからオペに至るまでインプラントの専門医・指導資格を持つ院長が自ら責任を持って担当し、治療後も継続したメンテナンスで末長くサポートいたします。高齢や歯周病を理由に他院で断られたという方も、お気軽にお問い合わせください。

※日本口腔インプラント学会指導医・専門医は京都市内指導医3名、専門医21名です。(2023年4月時点)

Comments


bottom of page