top of page
  • dental61

− 小幡先生のインプラントカルテ<2023年10月号> -歯周病にも対応、最先端のインプラント治療。


後期高齢者の実に3割が総入れ歯といわれ、年齢とともに進んでしまう歯の喪失。その歯を失ってしまう一番の原因はサイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも呼ばれる歯周病です。歯周病は痛みなどの自覚症状が出にくく、長期間をかけて徐々に症状が進んでいることが多いため、気づいた頃には重度に進行し歯が抜けてしまうのです。歯周病は歯茎の腫れや出血をもたらすイメージが強いのですが、実際には歯を支える歯槽骨を溶かしてしまうことが問題で、症状が進行した方はインプラントによる治療も難しくなるため医院によっては断られるケースもあります。そういった方でも当院では、最先端の骨移植生成機器を用いて歯周病で失われたあごの骨を再生し、インプラント治療の成功率を高めています。治療前のカウンセリングからオペにあたってはインプラントの専門医・指導医資格を持つ院長が自ら責任を持って担当します。重度の歯周病、高齢などを理由に治療を諦めていたという方も、一度お問い合わせください。

※日本口腔インプラント学会指導医・専門医は京都市内指導医3名、専門医21名です。(2023年4月時点)

Comments


bottom of page