痛みの少ない先端治療

レーザー治療

歯科医院で用いられるレーザーには様々な種類がありますが、一般的なレーザーには、「炎症を抑える」「痛みを和らげる」「出血を抑える」「組織の回復を促す」などの効果があります。また、虫歯菌や歯周病菌を除菌・殺菌する働きも認められています。

そのためレーザー治療機の使用により、痛みや出血を抑え、比較的短時間で治療を行うことができます。口腔内及び人体に対する安全性は立証されており、妊婦の方やペースメーカーを装着されている方でもご安心して治療を受けて頂けます。

歯周病(歯槽膿漏)

歯周病は歯周病菌の増殖で悪化してしまいます。レーザーを照射することで歯周病菌を減らし、炎症や出血を抑え歯周病改善を図ります。歯周病治療でのレーザーの使用は非常に高い効果があると言われており、切開の必要なく歯周病菌を除去し、弱っている歯茎の血行を良くし、健康的な引き締まった歯茎に再生することが出来ます。そのため、 ブラッシングだけの歯周病治療に比べると、効果の現れが早く、治療期間の短縮が可能です。また、レーザー光には組織を活性化し、細胞の再生を促す「創傷治癒促進作用」という働きがあります。そのためより美しく自然な歯茎へ戻すことが出来ます。
また歯周ポケットが深くなって、歯ブラシでは届きにくい部分がある場合、その部分の歯周病菌に対して効果を発揮してくれることで歯周病の予防つなげることが出来ます。
なお当院の歯周病治療では、レーザー治療を積極的に取り入れ、ブラッシング指導や歯石除去等の歯周病治療と併行し、より効果的な治療に努めております。

メラニン除去

歯茎の色がくすんでしまって、気になってしまう場合があります。歯茎の黒ずみは、メラニン色素が原因です。その様な場合にはレーザーを照射することで、歯茎の表面だけに作用してピーリング効果を得られたり、メラニン色素(色素沈着)を除去する効果があり、歯ぐきの色を改善することができます。

口内炎

レーザーには組織の回復を促す効果もあるので、口内炎の粘膜、舌に照射することで痛みを軽減する効果や口内炎の治りが良くなる効果もあります。また、入れ歯などが合わなくて傷になってしまっている場合や、間違って噛んでしまった傷に照射した場合も効果を発揮して痛みを軽減することが出来ます。

京都府京都市南区吉祥院御池町10-7
エルアオバタ2階(2F)

診療時間

9:30~12:30

14:30~20:00

休診日

日曜日・祝日

​(急患・新患随時)

Tel: 0120-180-461

Tel: 075-662-6464

Email: dental@obata.or.jp

(京都市内のみ)